我、弁明せず

著:江上剛

730円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    明治・大正・昭和と、三井財閥のトップとして、日銀総裁として、大蔵兼商工大臣として、怒濤の人生を走り抜けた池田成彬――。しかし、日本の財界をリードしつづけたその業績と較べると、彼の名前はあまりにも知られていない。金融恐慌、2・26事件、そして太平洋戦争と、逆風吹き荒れるなか、世間の悪評を物ともせずに突き進み、歴史の荒波に消えていった池田成彬の人生に光を当てた長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    8
    5
    3
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/08Posted by ブクログ

      池田成彬という人を知らなかったけれど、明治の人は本当にすごい。お金、地位、名誉でなく信念で動く。決めたら悩まず行動する。人が財産。人を見て融資する。全ての行動の根底に貫かれているのは自己責任であり、そ...

      続きを読む
    • 2016/06/11Posted by ブクログ

      池田成彬・・・知らなかったな~。いずれにしても明治の人は今の我々とは人種が違う、と考えざるを得ない。成し遂げるものの結果と、努力の度合いが違いすぎる。

    • 2016/01/01Posted by ブクログ

      素晴らしい生き方。僕もこの時代ならこのように金融の世界に身を投じたいと思った。
      今の時代では何なのかを常に考えて生きていきたい。

    開く

    セーフモード