ネット依存症

著:樋口進

720円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ネットにつながっていないと不安になる……スマホを手放せないあなたも危ない!!1990年代半ばから「インターネット依存症」という言葉が聞かれるようになった。ただその頃は、まだほんの一部の特殊な人たちのことで、自分には関係ないと考える人が多かった。ところが、いまではもっと身近なものになっている。最初は誰でも「自分は単に人より少しネットにつながっている時間が長いだけ」と思うにすぎず危機感は持たない。それがやがて、生活に支障を来たすことがあるという。本書では、ネット依存に苦しむ患者さんやその家族のことについて、専門外来をもつ久里浜医療センター院長がわかりやすく解説。最新情報や家族に伝えたいことをまとめた一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/02/17Posted by ブクログ

      ネット依存については、これからかなり対応に苦慮する時代になるかと思う。治療に乗せること自体大変そうではある。

      チェックリストあり、私自身も予備群の可能性あり。
      家族の対応の仕方についてはとても参考に...

      続きを読む
    • 2017/06/06Posted by ブクログ

      私が以前、住んでいた場所の近くにネットカフェがありました。
      外から中を見ることが出来るようになっていて、会社帰りに、店舗前を通ると、
      夜中の11時、12時に関わらず、多くの若い人が夢中になって、キーボ...

      続きを読む
    • 2013/12/16Posted by ブクログ

      ネット依存症に関する読みやすい新書。

      そもそも依存症とはなにか?という点からわかりやすく説明しており、ネット依存症に関する国内外での認知度・進展状況や実際の事例、そして治療に関することまで述べられて...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000225593","price":"720"}]

    セーフモード