仕事を通して人が成長する会社

著:中沢孝夫

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「間に合わない人(あまり役に立たない人)」を雇って、みんなきちんと働いて辞めない「安田蒲鉾」。信頼関係で技術革新の荒波を常に切り抜ける「IAM電子」。八ミクロンの紙に型抜きする技術を誇る「丸伸製作所」の社長は、四十を過ぎてから数学を勉強し直し、マシニングをマスターした。本書に登場するのは、そんな無名の会社の普通の人たちである。ただ彼らには、仕事を通して身につけたたしかな哲学がある。それこそが彼らの成長の証なのだ。仕事の本質を見つめ続ける著者がつむぐ、ノンエリートたちの物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/04Posted by ブクログ

       本書は、「若者の仕事と生き方」に多くの示唆を与えてくれる本だと思うが、本書の視点は、あくまでもポジテブである。
       「努力とその努力が報われる良い国である日本」。調査に基づく「企業経営やそこに働く人た...

      続きを読む
    • 2011/01/16Posted by ブクログ

      ある会社の人事制度や、人事に関する考え方と、その中で成長する人について書かれていることを期待して読み始めたが、
      内容としては、働くことを通じて自分で道を開いてきた方の話でした。

      タイトルから私が(勝...

      続きを読む
    • 2010/10/05Posted by ブクログ

      本日の一冊は、数多くの新聞や雑誌に20年以上書評を寄稿している
      書評の名手、中沢孝夫さんによる、注目の新刊です。

      著者は、高校卒業後、郵便局勤務から全逓本部を経て、立教大学法
      学部を卒業したという、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000225578","price":"679"}]

    セーフモード