ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術

著:津田大介

789円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    テレビ、ラジオ、ネット放送、ツイッター――文字どおり「7つの海」を股にかける津田大介が、ソーシャルメディアを中心に、私たちをとりまくメディア環境の現実と未来、それぞれの上手な活用法と連携術、そして、情報の海に溺れることなく、メディアを使いこなすリテラシーを高めるための独自の発想や方法論について、あますところなく解説する。情報メンテに役立つ<最強の羅針盤>。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/01/20Posted by ブクログ

      この本をどんな本だと紹介すればよいか?

      帯には「情報メンテに役立つ〈最強の羅針盤〉」とある。要約すれば、氾濫する情報とどう付き合っていけばよいかのHow to本ということか。。

      しかし、私はいわゆ...

      続きを読む
    • 2014/09/20Posted by ブクログ

      付録で島田裕巳さんが「津田という人間自体が一つのパーソナルメディアであり、彼の活動はすべてメディアとしての機能を果たしている。」と書いていて、なるほどと思った
      わかりやすい言葉でスッと理解できた

    • 2014/08/18Posted by ブクログ

       いつの頃からか「マスゴミ」という蔑称が主にネット上で流布されるようになった。マスメディア、ネットニュース、ソーシャルネットワークなどへの批判的視点は必要。確かに「世俗」を忌み嫌う敬虔な信者にとっては...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000225576","price":"789"}]

    セーフモード