面白いほどよくわかる! 哲学の本

著:秦野勝

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書は、難解と思われがちな哲学の理論や古今東西の哲学者の歩みなどをわかりやすくひもとき、それらが現代の私たちがどう役立てられるのかや、社会のありかた、根本的な生と死などについて解説しています。 目次はじめにPART1 哲学とは何か 哲学が問うてきたもの/哲学の方法論/人類のための哲学/あなた自身のための哲学PART2 西洋の哲学 古代から中世 古代ギリシャとヘレニズム/中世(神学と哲学)PART3 西洋の哲学 近代 理性の目覚めと合理論/イギリス経験論/ドイツでの統合と発展PART4 西洋の哲学 近代後期から現代 揺らぐ枠組みと新たな知的潮流/20世紀の哲学PART5 東洋の思想と哲学 悠久なるインドの思想/中国の思想、百花繚乱/日本での受容と変遷PART6 心と人間関係の哲学 心と自己に向き合う哲学/近くて遠い他者という存在/コミュニケーションと愛の哲学PART7 社会のあり方を考察する 行為と責任/所有にまつわる問い/社会の成り立ちと仕組み/よりよい社会を求めてPART8 生きることと死ぬことの哲学 生きるということを突き詰めて考える/働くことを根本的に見つめ直す/死を哲学するPART9 現代を生きる私たちの哲学 哲学を役立てよう/現代社会の諸問題を考える/未来への視座人名索引事項索引参考文献<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      哲学史全体をさらっと知ることができる。1テーマ2ページとコンパクトで気軽に読むことができた。哲学を全く知らない人、少し知ってる人が全体感をつかむのにおすすめ。

    • ネタバレ
      2017/07/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/17Posted by ブクログ

      ソクラテス曰く、
      「大切にしなければならないのは、ただ生きるということではなくて、善く生きるということ」
      人間は、より善く生きたいと望むからこそ、知の探究と真理の追求を止めないのだろう。

      それは、「...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000225416","price":"1540"}]

    セーフモード