そうだったのか現代思想 ニーチェからフーコーまで

小阪修平

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    難解なテーマを初心者にもわかりやすく紹介。ニーチェからフーコーまで代表的な11人の哲学者・思想家をとりあげ、現代思想のはじまりからその後の展開まで、難解なテーマを初心者にもわかりやすく紹介する。※本書は1995年7月、芸文社より刊行された『はじめて読む現代思想』1・2を文庫化にあたり一冊にまとめ改題したものです。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    15
    5
    2
    4
    5
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2007/12/11Posted by ブクログ

      その名の通りです。読んで思ったのは「そうだったのか!」の連続で。これほどわかりやすく現代思想についてまとまっている本もそうないと思う。普通にハイデガーとかドゥルーズとか読むとどつぼにはまってしまって、...

      続きを読む
    • 2009/01/12Posted by ブクログ

      非常にわかりやすく、面白い。ただ、ある程度哲学の語彙がないと厳しいかも。

      専門書への架け橋的印象。まあ専門書読むのは専門家の仕事だし。

      他の本ではあまり扱われないデリダやドゥルーズ=ガタリ、ロラン...

      続きを読む
    • 2010/08/06Posted by ブクログ

      小阪 修平さんという在野の思想家の方の、朝日カルチャーセンターの講義録ですが、明快でわかりやすいです。今まで読んだ現代思想の本の中で一番わかりやすいです。特に所々、構造を図示しているのが良いです。

      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000225146","price":"880"}]

    セーフモード