クジラの子らは砂上に歌う 6巻

梅田阿比

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

泥クジラのヌース・ファレナが吸っているのは感情ではなく、もっと残酷なモノだった。たった一つだけの楽園を覆う“呪い”に気づいた時、泥クジラの民たちはそれぞれの思惑で動き出す……。

続きを読む
  • クジラの子らは砂上に歌う 全 15 巻

    未購入巻をまとめて購入

    クジラの子らは砂上に歌う 全 15 巻

    6,480円(税込)
    64pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.7
4
5
0
4
3
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/11/05Posted by ブクログ

    いまいちキャラにお気に入りが登場しなかったのだけど、もしかすると眼帯の隊長さんはけっこう好きかもしれない。エマが100%チャクロの味方って訳じゃないのはいい感じ。

  • 2016/04/11Posted by ブクログ

    1巻から一気読み。世界観の勝利だなぁと思う。砂上を走る船、独立した世界に暮らす人々、独特な風習、力ある儚いものと、力ないたくましいものの対立、そこから明らかになる真実と否応なく戦いに巻き込まれ、真の自...

    続きを読む
  • 2016/02/21Posted by ブクログ

    ファンタジーを武器にしているなあと思わせる「時の塔」の叙情。もう1人の主人公オウニの変化も胸に刺さる(この後にまた苦難もありそうなこと含めて)。

開く

セーフモード