クジラの子らは砂上に歌う 5巻

梅田阿比

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「ぼくらはきっと、ある時一斉に夢をみるんだ」“帝国”の危機が去った泥クジラにやってきたのは、未知なる国の来訪者。“別れ”ばかりを重ねたこの島で、新しい出会いとなるか。その頃、チャクロは人ではない少女エマに導かれ、新たな“旅”へと出発していた。深く深く、この物語の根源の旅へと…。

続きを読む
  • クジラの子らは砂上に歌う 全 15 巻

    未購入巻をまとめて購入

    クジラの子らは砂上に歌う 全 15 巻

    6,480円(税込)
    64pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
4
5
1
4
2
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/11/05Posted by ブクログ

    クジラの人たちとは価値観が異なる、他国のバカっぽい王子みたいな?人出て来て、やっと人間関係が面白くなってきたかな。

  • 2015/09/12Posted by ブクログ

    様々な視点から明らかになる砂クジラの醜い正体、次々に突き付けられる異境の世界観。ほとんど世界の説明しかしていないのにもう1巻が終わってしまった。読み終わって自分が違う世界にいることに酩酊感をおぼえる凄...

    続きを読む
  • 2015/08/20Posted by ブクログ

    流されるままに砂上を漂い、自らの呪われた運命も知らず、穏やかに日々を暮らして来たクジラの子ら。帝国の襲撃を退け、泥クジラの航行能力を手に入れた彼らは海の牢獄を乗り越え、新しい世界へと旅立つ。
    外界がも...

    続きを読む
開く

セーフモード