ユダヤ人国際弁護士が斬る!だから損する日本人

石角完爾(著者)

1,232円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ユダヤ人国際弁護士が語る、国際舞台で絶対に損をしない「世界標準の作法」。反論をしない、「ふつうはそうしない」と言い訳する、人の真似ばかりする、会社のことしか言わない、歯並びに無頓着、CAやウェイトレスに笑顔を見せない……典型的な日本人の考え方や振る舞いがどれほど欧米人からバカにされ、「ちょっとしたこと」でどれだけ日本人が国際的な場で損をしているか。海外旅行で、仕事の交渉で、留学中に、ゼッタイ損しないために、日本人が心得ておくべき49項目。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/02/13Posted by ブクログ

      ■マインド
      1.日本人には基本精神に当たるものがなく、事に当たる時はハウツー本に頼りがちである。そのため、想定外の事態に弱い。
      2.ユダヤ人は、「他人と違う人間」になることを徹底的に教えられる。一方、...

      続きを読む
    • 2012/04/29Posted by ブクログ

      ほとんどの内容が自分にあてはまっていて、読んでいる最中に嫌になった。
      かなり辛辣な言葉があり、時々カチンときました。

      ●ハウツー本が書店にズラリ。他国で書店にこれだけハウツー本が並ぶ事はない。何をす...

      続きを読む
    • 2017/02/01Posted by ブクログ

       ユダヤ教徒の試験を受けてユダヤ人になり、米国認定国際コンサルタントでスウエーデン在住の著者による日本人論。



       日本国内では、日本のこんなすごいところ、匠の技、おもてなしなど耳に心地いい話題をマ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000224955","price":"1232"}]

    セーフモード