箱館証文

浅田次郎 著

110円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    工部少輔として新政府に出仕する大河内厚は、箱館五稜郭の戦いのなか、千両で命乞いした元徳島藩士だった。ある日、その千両の支払いを約束した証文を手に男が屋敷を訪ねてきて……。証文が結んだ奇妙な縁。恩讐の果てに、彼らが誓ったこととは。短篇集『五郎治殿御始末』所収の一篇。

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/12/30Posted by ブクログ

      いい。これはイイ。

      幕末、明治の始まりの時期。

      近代の波が押し寄せるなかで、消えゆく武士たちの姿を描いた、短編6つ。ガス灯の下を二本差しが歩いていた、ふたつの時代が溶け合う時代。男たちの苦悩に心を...

      続きを読む
    • 2007/08/25Posted by ブクログ

      浅田次郎は4作品目。明治維新期の大変動の最中、これまでの価値観の大きな転換が迫られる時代下での話。短編集であるが、「五郎治殿後始末」の本で述べられる著者の主人公の言葉、「男の始末とは、そういうものでな...

      続きを読む
    • 2008/08/12Posted by ブクログ

      御一新後の武士の話というのを読みたいなぁと思っていたので。長く続いた古い時代を壊すのより新しい時代を築く方がずっと難しいのかも知れないですね。300年余続いた政権の中で生きてきた武士「だった」人達のや...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000224295","price":"110"}]

    セーフモード