不安が力になる――日本社会の希望

ジョン・キム

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本は衰退しつつある国家だ――。多くの日本人がそのような感覚を抱いているようにみえる。しかし、日本は決して衰退などしていない。物質的な欲求の充足が幸福ではないということに、日本人は不安を感じつつも気づき始めている。成熟社会となった日本は、成長至上主義的な価値観から、世界に先駆けて抜け出し始めているのだ。人々が抱いている不安は、その過程の産物に他ならない。日本人が知らない日本の素晴らしさとは何か。90年代バブル崩壊直後に日本に留学し、米英独の大学に研究員として赴任、慶應義塾大学で教鞭をとった著者が、日本社会の希望と新しい幸福観について論じる。【目次】第一章 日本は沈んでいない/第二章 自分の人生は自らデザインする/第三章 世代を超えて調和する/第四章 美しく生きる/あとがき 不安を力に変える人生

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/06/11Posted by ブクログ

      正論、異文化経験者ならでは視点でいいことがたくさん詰まっているのですが、どういう人に向けて書かれているのか絞られていない印象なのでマイナスしました。
      若者に向けてのメッセージ、中高年への提言、どちらか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/10/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/10/26Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      日本人が知らない日本の素晴らしさとは何か。
      90年代バブル崩壊直後に日本に留学し、米英独の大学に研究員として赴任、慶應義塾大学で教鞭をとった著者が、日本社会の希望と新しい幸福観について論...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000224270","price":"737"}]

    セーフモード