吾輩は猫である 下

夏目漱石

314円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    「人間は生意気なようでもやはりどこか、抜けている」苦沙弥先生の家に飼われている猫のクールな瞳から見ると矛盾だらけで平気で生きている人間も“愛嬌”。しかしある月夜、飲みさしのビールで酔った「吾輩」は…。縦横無尽の風刺とユーモアに苦いペシミズムをひそませて人々の共感を呼んだ漱石の処女作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード