ノーサイドじゃ終わらない

著:山下卓

915円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ラグビー部の先輩・斉藤勝治の葬儀のため、高校卒業以来初めて帰省した33歳の作家・沢木有介。コンビニ店長だった先輩は、マシンガンで暴力団事務所を襲撃した末、絶命していた。チームメイトたちとの同窓会のような葬儀の後、仲間の一人である牧瀬が謎の失踪を遂げる。さらに勝治先輩の「彼女」を名乗る12歳の美少女が現れ――。15年の時を経て、隠された真実が明らかになる。大人の青春ミステリ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/02/08Posted by ブクログ

      高校の先輩が暴力団の事務所をマシンガンで襲撃して死亡。過去の街、過去の彼女に何があったのか。かつての恋人が風俗d働いていて、それが原因で男ともめていた。
      美しく、切なくとっておきたい青春を現実でさらけ...

      続きを読む
    • 2017/04/09Posted by ブクログ

      これだけの長編だし、ラストはそれなりに驚かせてくれると思って読んだんだけど…。本の厚さのわりに登場人物の人生がどうにも薄っぺらい(それなりに字数を費やして説明しているんだけども)。つまりは著者の筆力不...

      続きを読む
    • 2015/11/23Posted by ブクログ

      ラグビーは後ろにしかパスをまわせないスポーツなんだ。
      自分も走って、仲間と一緒にゴールを目指す。

      ふと横を向いたときに、肩を並べて走ってくれる仲間がいることの心強さ。この人たちといつまでも肩を並べて...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000223798","price":"915"}]

    セーフモード