「古文」で身につく、ほんものの日本語

著:鳥光宏

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「見れる」「食べれる」の“ラ抜き言葉”は何がおかしい?「よろしかったでしょうか?」は、“た”が過去形だから変?卒業式で歌う『仰げば尊し』の「今こそわかれめ~♪」の意味は、“分かれ目”ではない?――私たちが普段、何気なく使っている言葉や、日本人なら誰でも知っている曲の歌詞だが、実はこうした疑問点や勘違いは「古文」を知ることで説明できるのだ。本書は、駿台予備学校のカリスマ古文講師が、授業での学生の素朴な疑問やコミュニケーションなどを通じて、古文における言葉の成り立ちやその歴史などに立ち返り、現代語との密接な関係を解説していく。その“講義”内容は、「あなたの日本語は何年生レベル?」「古文が分かれば『落語』だってもっと面白い!」「日本語『た』の秘密」「センター試験を国語で斬る!」「英語教育、その前に!」など、バラエティ豊かなものばかり。古文を学べば、あなたの使う言葉はもっとキラリと輝く!

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/01/09Posted by ブクログ

      駿台予備校の人気講師、鳥光宏による書。

      ゴリゴリの古文解説書ではなくて、現代のコトバからみた古文の解説となっている点が、非常に読みやすかった。

      「古文」というものが、現代と地続きで存在していること...

      続きを読む
    • 2020/03/20Posted by ブクログ

      古語と現代語をつなぐ一冊。
      学校では古文は暗記重視になりがちだが、単なる暗記科目ではない。たしかに暗記事項はあるが、現代語とのつながりを知れば日常生活が豊かになる。また、暗記事項の法則を見つけ出すには...

      続きを読む
    • 2011/10/12Posted by ブクログ

      ラ抜き言葉の問題を文法的に明かすという章が読みたくて手に取った。

      古典文法として「ら」を入れる方が正しいとの説明はあった。「起きられる」「食べられる」よりも「起きれる」「食べれる」のほうが言いやすい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000223772","price":"679"}]

    セーフモード