人妻風俗嬢

著:酒井あゆみ

385円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    妻というレッテルに苛だつ女性たち妻というレッテルに苛だつ女性たちは、なぜか風俗嬢という生き方を選択した。そして実際に何を手にしたというのか。「初めて女として扱われた気がする」と照れながら告白するファッションヘルス嬢の真理子(28)。「平凡な主婦で終わりたくない」と語る性感ヘルス嬢のルミ(20)。十七人の風俗嬢たちのリアルな声を元風俗嬢の著者が密着リポート。まえがき「生まれて初めて女として大切に扱われた気がするの」真理子・28歳/ファッションヘルス「四十分で八千円もらえるんだったらいいかなって」晴香・35歳/乱交パーティー「平凡な主婦で人生が終わるのは嫌なんです」ルミ・20歳/性感ヘルス「ダンナに内緒にするのって、夫婦間のルールだと思う」涼子・33歳/ファッションヘルス「大袈裟かも知れないけど、生きる力をもらいました」小泉・22歳/ソープランド「最近ね、久々にナンパされたの。やっぱりうれしいね」陽子・34歳/性感ヘルス「風俗の仕事はダンナ公認です」ミキ・27歳/マットヘルス「仕事のことを秘密にしてるってだけでも、感じちゃう」千穂・28歳/SMクラブ「誰も自分を知らない土地で、一からやり直したかったの」紀子・40歳/本番サロン「家の頭金が期日までに間に合わなかったからなんです」由紀子・31歳/性感ヘルス「旦那のことすごく好きだから、この仕事のことは内緒なの」メグミ・29歳/SMクラブ「すごいマトモな職場だってことを知って驚きました」理穂・26歳/妊婦プレイ「『すぐお金が必要なんだ、風俗へ行ってくれ』と頼まれた」麻香・26歳/ファッションヘルス「なぜ風俗で働くか、主人はすべてわかっていると思います」亜矢子・27歳/SMクラブ「じつは十九歳の時からずっと風俗やっているんです」美加・28歳/ファッションヘルス「わたしこう見えても完璧主義者なんですよ」早苗・27歳/性感ヘルス「セックスは主人とするのも、お客さんとするのも一緒です」麻耶・36歳/ソープランドあとがき●酒井あゆみ(さかい・あゆみ)1971年、福島県生まれ。中学生から時給に惹かれて地元のキャバクラで働き始める。高校卒業後、上京。キャバクラでバイトを経験した後、知り合った男にファッションヘルスの店を紹介される。それをきっかけに「風俗のフルコース」と愛人業、AV女優を経験。20歳の時にヘルスに来た客と一緒に「AVプロダクション」を設立。自分でも現役女優をしながら社長業務をする。22歳の時、とある作家の取材コーディネートをきっかけに出版社の編集者と知り合う。熱心な執筆依頼を受け、半年後にデビュー作『東京夜の駆け込み寺』を発表(同タイトルはTBSの番組になった)。作家活動に入り、多数の作品を発表する。フランスで初上映した『TOKYONOIR』をはじめ、小泉今日子主演の『風花』の映画監修、江角マキコ主演のTBSドラマ『独身生活』の監修など映像業界でも活躍。30歳を境に同棲していたヒモ男と別れる。貢いだ金額が一億近く。その反動で「男買い」を始める。その体験を元に執筆した『レンタル彼氏』(幻冬舎)は、GYAOでドラマ化され、ランキング1位を独走する。同時に漫画化もされた。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000223697","price":"385"}]

    セーフモード