新黙示録 飛龍の秘図

著:志茂田景樹

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    血染めのメッセージ「龍と香の誅殺」が意味するものは?冒険家の加山健彦は三宅島までヨットのマッチレースを挑まれるが、相手は、帆上に“龍と香の誅殺”の血染めの文字を残したまま途中で消える。主人公・加山の恋人・朝辻しずかも、その文字を見て奇声を発して昏倒、数日後に失踪した。やがて加山は、消えたクルーの中に、財界のリーダーの御曹司がおり、その家系が江戸初期から怪死者を輩出、それにしずかの家系が絡んでいるらしいことを知って……。●志茂田景樹(しもだ・かげき)静岡県生まれ。おひつじ座のA型。中央大学法学部卒。塾講師、新聞記者などを経て、1976年秋に『やっとこ探偵』で第二七回小説現代新人賞を、1980年には『黄色い牙』で第八三回直木賞を受賞。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード