【最新刊】黒い本2

黒い本

2冊

著:飯野文彦

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    次から次へとメールで送りつけられてくる恐怖譚女子高生・三瀬麻央のケータイに、ある日一通のメールが届く。差出人は井之妖彦。『黒い本』という小説を書いたホラー作家で、麻央は以前、彼にファンレターを送ったことがあった。メールにはそのお礼と称する短編小説が綴られ、こんなメッセージがそえられていた。「あなたにだけ特別に新作を配信いたします。ただし、くれぐれも他の人たちには見せないでください」だが、話のプレゼントは一通では終わらなかった。次々と届く悪趣味な話は次第に不気味さを増し、麻央はあまりの恐怖に井之の忠告を破って彼氏の達也に見せてしまう。すべての悪夢はそこから始まった…。●飯野文彦(いいの・ふみひこ)1961年、山梨県生まれ。早稲田大学卒業。1984年、『新作ゴジラ』(講談社)のノベライズ作品にてデビュー。『オネアミスの翼』(朝日ソノラマ)、『アークザラッド』(エニックス)などノベライズ作品を数多く手がける。『怪奇無尽講』(双葉社)や『ハンマーヘッド』(ティー・オーエンタテインメント)など個性的なホラー作品ではマニアックな評価が高い。その他には『「超」怖い物語』シリーズ(竹書房)、『影姫』シリーズ(角川書店)などがある。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/07
    出版社
    アドレナライズ
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/17Posted by ブクログ

      ホラー系連作短編集。2008年作品。
      竹書房ホラー文庫からの作品ですが、怪談本ではありません。
      前作ラストで別世界へと消えた作者の分身である作家・井之妖彦が、女子高生・麻央にメールで送りつける不気味な...

      続きを読む
    • 2012/05/07Posted by ブクログ

      2012年5月7日

      カバーイラスト/久保田晃司
      デザイン/橋元浩明(so what.)

    セーフモード