淫獣軍団(2) 爆殺都市

著:友成純一

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    恍惚と苦悶の裏に潜む禁断の黄金郷とは!?都内で連続する爆破事件に何の手懸かりも掴めず苛立つ捜査本部。それを嘲笑うかのごとく“一揆衆”と名のる犯人達から届いた犯行声明文。そこには腐敗した日本に活を入れるため、全国規模での爆破の予告が!そして予告通りに五大都市で爆弾が炸烈し、日本は恐怖の坩堝に陥った。犯人絶対逮補の特命を帯びた権藤と今村喜美恵の武装警官コンビは、犯人の手下が残した「寂光庵のミヤコ様」という言葉をもとに、急遽、京都へ向かったが…。血と精液がほとばしるバイオレンス・アクション第2弾!「電子版あとがき」を追加収録。●友成純一(ともなり・じゅんいち)1954年福岡生まれ。1976年、早稲田大学在学中に「透明人間の定理リラダンについて」が幻影城新人評論部門に入選。映画評などでも活躍したのち、1985年「肉の儀式」で小説家デビュー。官能的でバイオレントな作風が注目を浴びる。以後、スプラッター小説のパイオニアとしてだけでなく、SF、ホラー、怪獣小説などでも鬼才ぶりを発揮し、多くの著作を発表。またロンドン関連の著書も多い。現在はバリ島在住。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード