女ひとりで親を看取る

著:山口美江

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父は再婚せず、私は結婚せず、ずっとふたりで暮らしてきた。アルツハイマーの父を介護するのは、私しかいない。いつか誰もが、親を看取るときが来る-その日の前に読んでおきたい一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/05/02Posted by ブクログ

      とても考えさせられる内容でした。父親の病に全力で取り組む様子が痛々しくも、その中でまわり(ペットも含めて)の協力により最期までできることを努められたことに感動を覚えました。ただその影響は本人に特に大き...

      続きを読む
    • 2013/10/24Posted by ブクログ

      一気に読んでしまった。今、自分も同じ境遇になりつつある。こんなに前を向いて向かい合っていけるだろうか。

    • 2009/10/27Posted by ブクログ

      おしゃれで、そして厳しかったお父様が
      アルツハイマー型認知症で倒れてからの
      父一人娘一人での介護の様子が書かれています

      「あなたが知っているお父様ではなくなってしまうということは
      つまり人格も変...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000223401","price":"770"}]

    セーフモード