五つの鍵の物語

太田忠司

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    とある場所にひっそりと佇む“五つの鍵の博物館”。収蔵されているのは、曰くありげな鍵が描かれた5枚の絵。見るものを選ぶその不思議な絵が語りはじめる――。幻のルイ16世の鍵を求めて訪れた館で出会う意外な鍵(『十七世の鍵』)。「眠り男が、やってくる。そのときまで保管されたし」。不思議な手紙と同封されていた銀色に光る小さな鍵(『眠りの鍵』)。ほか全5編の鍵をめぐる物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/03/03Posted by ブクログ

      内容(「BOOK」データベースより)
      とある場所にひっそりと佇む“五つの鍵の博物館”。収蔵されているのは、曰くありげな鍵が描かれた5枚の絵。見るものを選ぶその不思議な絵が語りはじめる―。幻のルイ十六世...

      続きを読む
    • 2008/02/04Posted by ブクログ

      とある場所にひっそりと佇む“五つの鍵の博物館”。
      収蔵されているのは、曰くありげな鍵が描かれた5枚の絵。
      見るものを選ぶその不思議な絵が語りはじめる―。
      幻のルイ十六世の鍵を求めて訪れた館で出会う意外...

      続きを読む
    • 2008/01/05Posted by ブクログ

       「17世の鍵」「黒曜の鍵」「非在の鍵」「夜獣の鍵」「眠りの鍵」の五つの、鍵にまつわる物語を内包する物語。どれもが、幻想怪奇で不思議な味わいの物語ばかり。 最後まで読んで初めて、この不思議な世界の秘密...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000223288","price":"880"}]

    セーフモード