【最新刊】永遠

永遠

1冊

著者:小手鞠るい

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    短大で英語講師を務める由樹は、衆議院議員の柏井淳と逢瀬を重ねていた。しかし、由樹の目前にある男が現れ、彼女の過去の記憶を揺り起こすことになる――。著者の新境地となる恋愛サスペンス長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/14
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/04/22Posted by ブクログ

      主人公の19歳の初体験からの20年間。
      りっぱな仕事と政治家の愛人を持ち、
      充実した日々を過ごしていた主人公。
      過去と現在の『永遠』が動き出す。。。

      今まで読んだ作風とは明らかに違ったな~。
      サスペ...

      続きを読む
    • 2015/09/10Posted by ブクログ

      けっこう怒涛の展開を迎える終盤。
      かつて好きだった男は一体誰だったのか。
      忘れていた過去を思い出したときにはいろんな感情が渦巻く。
      愛と憎しみは表裏一体なのだと思ってしまう本。

    • 2015/07/22Posted by ブクログ

      政治家の愛人として過ごす由樹。
      そこには過去の想いがあった。
      運命はいたずらに、時として思わぬ展開に導く力を持っているのだ。
      恋愛は優しく甘く、儚くも切なく、そして激しく怖く移り変わるものなんだなと思...

      続きを読む
    開く

    セーフモード