【最新刊】異国トーキョー漂流記

異国トーキョー漂流記

高野秀行

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「私」には様々な国籍のユニークな外国人の友だちがいる。日本に「自分探し」に来たフランス人。大連からやってきた回転寿司好きの中国人。故国を追われたイラク人etc…。彼らと彷徨う著者の眼に映る東京は、とてつもなく面白く、途方もなく寂しく、限りなく新鮮なガイコクだ。愉快でカルチャー・ショックに満ち、少しせつない8つの友情物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/07
    連載誌/レーベル
    集英社文庫

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      辺境作家 高野秀行の東京で会った外国人の話。やはりこの人積極的だ。出てくる人は、舞踏家のフランス人、ザイール人、小説家の兄ともつながったコンゴ人、スペイン人、違法入国のペルー人、お父さんがお世話になっ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      海外のことを知りたいと思ったとき、外国に旅行することとは別にもう一つの方法がある。それは、海外からやって来た外国人からその国の文化や習慣、あるいは日本の印象を聞くことである。

      それにしても、かくもユ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      第8章「トーキョー・ドームの暑い夜」が秀逸でした。著者が知り合った盲目のスーダン人留学生マフディは、プロ野球が大好き。スーダンには野球というスポーツがないから、イメージできないはずなのに、ラジオ中継を...

      続きを読む
    開く

    セーフモード