孤独死のすすめ

新谷忠彦

471円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「孤独死」というと、ネガティブなイメージを受けるかもしれない。だが、本書の「孤独」とは決して孤立無援の「孤立」のことではない。個人が自己の責任において自由に生活しながらも、困ったときには支援が受けられる関係のことなのである。これこそが個人主義を成り立たせ、民主主義を真に機能させる大本となる。一人ひとりが真に独立する必要性を説いた、自らを律する覚悟の書。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/05/18Posted by ブクログ

      孤独死の覚悟が必要なのか?と、重い題名と共に読んで行ったが、政治的背景を、十分熟知せねば、読めないような本であった。
      「無利子国債」などは、税金で指示されないだろうからのとの思案で、作られたものである...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000221037","price":"471"}]

    セーフモード