【最新刊】檻-おり-

檻-おり-

烏城あきら イラスト:今市子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

封印されたあの庭には、決して入ってはいけない──。幼い頃から憧れていた、優しい従兄の宗司(そうじ)と同居することになった稔(みのる)。けれど、日毎に募る仄暗い想いを持て余した稔は、ある夜禁断の庭へ足を踏み入れてしまう。ところが、庭の茶室で自慰に耽る稔を目撃した宗司は、様子が一変!!「なぜここにいる」と猛々しく稔を抱いてきたのだ。宗司の激情に、稔は歓喜と恍惚の中で陵辱されるが!?※本文にイラストは含まれておりません。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
222ページ
提供開始日
2014/03/14
連載誌/レーベル
キャラ文庫

レビュー

3.5
8
5
0
4
5
3
2
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2011/08/22Posted by ブクログ

    封印されたあの庭には、決して入ってはいけない―。幼い頃から憧れていた、優しい従兄の宗司と同居することになった稔。けれど、日毎に募る仄暗い想いを持て余した稔は、ある夜禁断の庭へ足を踏み入れてしまう。とこ...

    続きを読む
  • 2010/03/29Posted by ブクログ

    出ていたキャラたちは皆どこか変わっていたが、本書の雰囲気が好き。
    「危ない行けない」と自分に言い聞かせながら少しずつ檻に近づいてくるという感じがなんとなく好き。だいたい、人間はそうゆうもんだろう。

    ...

    続きを読む
  • 2008/08/19Posted by ブクログ

    従兄弟を「兄さん」と呼んでます。ある意味「家」に縛られた血が織りなす物語です。何が「檻」なのか。そこで何が起こったのか。静かに恋模様は綴られていきます。

開く

セーフモード