強いられた情事

キャロル・マリネッリ 翻訳:井上絵里

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    メグは飛行機でハンサムな投資家ニクラスと隣り合わせた。機内が消灯した後も話は弾み、いつしか二人は毛布の下で……。濃密な愛撫は地上に降りたあとも続き、メグはこの見ず知らずの男性の求婚を受けると、バージンを捧げ、二人は一夜で夫婦になった。だが翌朝、夫は消えた――新妻をベッドに残したまま。1年後、心を閉ざしたメグの前にニクラスの弁護士が現れ、彼が無実の罪で投獄されているという驚くべき事実を告げた。ニクラスに会えるのは法的な妻であるメグだけで、面会を許される唯一の理由が、“夫婦の営み”の要求だというのだ!

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/26Posted by ブクログ

      レベッカ・ウインタースか?って設定に
      淡々とした短い文体で普通の小説っぽい。
      ハーレクイン読むぞ~って気分の時に読んだから肩透かしだったけど、
      普通の小説として読めばもうちょっとおもしろく感じたと思う...

      続きを読む

    セーフモード