【最新刊】ヤクザの死に様 伝説に残る43人

ヤクザの死に様 伝説に残る43人

著:山平重樹

556円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦後ヤクザ史に残る男たちは、死に様までもが伝説として語り継がれている。はみ出た腸を押しこみ反撃を続けた鼈甲家初代・一見直吉、銃弾を喰らいながらも“侠”の矜持を保ち続けた山口組四代目・竹中正久、葬儀に二万人の参列者が駆けつけた住吉連合会総裁・堀政夫など、43名のヤクザたちの壮絶にして鮮烈な最期を描いた傑作ドキュメント。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/02/07
    連載誌/レーベル
    幻冬舎アウトロー文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント
    • ヤクザの死に様 ...

      明治から昭和初期まではヒットマンの武器は日本刀。戦後は鉄砲に変わる。昭和の親分のお葬式には、美空ひばりさんなどの一流芸能人が花輪を出していたそうです。今でも何となくガラの悪い印象のある業界は、初期には...

      続きを読む
    • ヤクザの死に様 ...

      どんなに喧嘩屋と言われた男でも、拳銃、刃物の前ではあっさりと命を落としていくってのが、、物語の世界とは違う現実を感じました。なぜその死に方になったのか、を感じ取るにはエピソードがあまりにも短く、少し残...

      続きを読む
    • ヤクザの死に様 ...

      あまりに記載されているヤクザの人数が多いので、頭の中で整理できないまま読み終えてしまった。もう少し、人数を絞って一人、一人のエピソードを掘り下げてほしい。こんなヤクザもいたのか・・とたくさんヤクザを知...

      続きを読む
    • ヤクザの死に様 ...

      微妙でした。 筆者はヤクザものと付き合いがあるからか、割かし美談としてヤクザ者のエピソードを書いている感じがしてあんな人に迷惑をかけるだけの商売なのにそこが本当に微妙でした。 タイトルからは壮絶な死に...

      続きを読む

    セーフモード