【最新刊】宦官 改版 側近政治の構造

宦官 改版 側近政治の構造

1冊

著:三田村泰助

907円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    中国の歴史において宦官のはたした役割は実に大きい。清朝の歴史家は、各王朝ともその衰亡の原因が宦官にあったことを指摘する。過去四千年にわたる専制君主と表裏一体をなして生きながらえた宦官の研究は、単なる好奇心を越えて、中国史の重要な課題の一つである。宦官とはなにかから説きおこして、宦官のもっとも活躍した漢・唐・明代を中心に、それぞれの、時代を背景にした特色を指摘する。毎日出版文化賞受賞。

    続きを読む
    ページ数
    548ページ
    提供開始日
    2014/01/31
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3.5
    9
    5
    1
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/06Posted by ブクログ

      『蒼穹の昴』(浅田次郎/講談社文庫)と並行してちまちま読んでいたのが『宦官 側近政治の構造』(三田村泰助/中公新書)でした。『蒼穹の昴』には宦官が登場するからです。

      宦官とは、後宮に仕える去勢され...

      続きを読む
    • 2016/01/15Posted by ブクログ

       股間がモゾモゾする。根元から断つって(泣 現代のニューハーフって疑問もわくが妻帯者が大勢いたことをみるそうじゃないらしい。今よりも良い暮らしをするための手段であったり、異民族が暮らす国としての悲しい...

      続きを読む
    • 2015/07/28Posted by ブクログ

      後半、具体例になるとだれてしまったのが残念だが、前半は面白かった。中国宦官のおこり、由来について。
      終章にあるように、皇帝の秘書、社長室等の見方は参考になった。中公新書の世界史シリーズ。要チェックであ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード