ストリート・チルドレン

盛田隆二

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「新宿」を舞台に、300年にわたる「生」と「性」の軌跡を描いた、盛田隆二の衝撃的デビュー作。1699年、19歳の青年が下諏訪から「内藤新宿」に出奔する。彼を一代目として流れ出た血の宿縁は、男色者、遊民、歌舞伎子、詐欺師、家出娘など、ことごとく路上の民で彩られながらも、1998年、出稼ぎフィリピーナとの間に子をなす13代目の青年まで危うく一筋に流れる……。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/01/06Posted by ブクログ

      【あらすじ】
      「新宿」を舞台に、三百年にわたる「生」と「性」の軌跡を描いた、盛田隆二の衝撃的デビュー作。一六九九年、十九歳の青年が下諏訪から「内藤新宿」に出奔する。彼を一代目として流れ出た血の宿縁は、...

      続きを読む
    • 2011/02/15Posted by ブクログ

      新宿を舞台にした13代300年にわたる血の縁を描いた作品。とにかく面白い、凄い疾走感…次はどう繋がっていくのか知りたくて!登場人物も幅が広くて魅了される。盛田さんの本を今まで読んでなかった事に後悔した...

      続きを読む
    • 2012/07/14Posted by ブクログ

      300年という年月を駆け抜ける疾走感が味わえる。
      新宿を舞台とした、歴史・現代的小説。
      ニッポンの狩猟期という作品に続いているのでこちらももう一度読み返したいと思う。

    [{"item_id":"A000218791","price":"550"}]

    セーフモード