【最新刊】細木数子 魔女の履歴書

細木数子 魔女の履歴書

溝口敦

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    視聴率の女王の正体!2008年春、戦後の欲望史を象徴する稀代の女ヤクザが、ついにテレビから姿を消した!細木数子70歳。古希とともに魔女の時代は終焉を迎えた。本書は、細木の絶頂期に「週刊現代」で連載、6億円の損害賠償訴訟を起こされながらテレビ降板へと追い込んだ渾身のルポルタージュである。※本書は、2006年11月に刊行された『細木数子――魔女の履歴書』に加筆・修正、文庫化したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 細木数子 魔女の...2008/10/04Posted by ブクログ

      最近テレビの方は引退したようですが、数年前にテレビであの顔を見た途端、チャンネルを切り替えていたことを思い起こしました。

      以下、本文より、
      細木数子は現代が抱える低俗性の指標としてなりうる人物。。。...

      続きを読む
    • 細木数子 魔女の...2020/12/27Posted by ブクログ

      作者の溝口敦さんの『暴力団』がとても面白かったので、この作品を手に取りました。

      細木数子は、その言動の品のなさから大方予想はついていたが、とんでもない経歴だった。簡単に言うと、水商売~売春~ヤクザの...

      続きを読む
    • 細木数子 魔女の...2017/06/06Posted by ブクログ

      細木数子を目の前にしたら、普通の人は、何も言えなくなってしまうだろう。
      くぐってきた修羅馬が違うし、もはや、怪物と言っても過言ではないと思います。

       普通の尺度で、この人を測ることはできないかもしれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード