不幸な国の幸福論

加賀乙彦

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経済は破綻し格差は拡大する一方、将来への希望を持つことが難しい日本にあって、「幸せ」は遠のくばかりと感じている人は多い。しかし、実は日本人は自ら不幸の種まきをし、幸福に背を向ける国民性を有しているのではないか――。精神科医、心理学者でもある作家が「幸せになれない日本人」の秘密を解き明かし、幸福になるための発想の転換法を伝授する。追い求めている間は決して手に入れることのできない「幸福」の真の意味を問う、不幸な時代に必読の書。【目次】第一章 幸福を阻む考え方・生き方/第二章 「不幸増幅装置」ニッポンをつくったもの/第三章 幸福は「しなやか」な生に宿る/第四章 幸せに生きるための「老い」と「死」/あとがき

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    43
    5
    6
    4
    25
    3
    10
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/19Posted by ブクログ

      知り合いから紹介された本。日本の現状を様々なデータも交えながら、的確に言い得ている。知り合いの方も言っていたが、著者の加賀乙彦さんとほぼ同じ風に世の中を見ていたので、ある意味痛快だった。
      不幸な国とは...

      続きを読む
    • 2018/08/05Posted by ブクログ

       秋葉原で起きた通り魔事件を引き合いに、現代日本の「不幸」を考察する。
       考えない習性や幸せに対する慣れ、他者を気にする日本人の国民性もあるらしい。
       高度成長期から、バブルがはじけた後も、豊かさの幻...

      続きを読む
    • 2016/11/23Posted by ブクログ

      2016.11.21
      当たり前のことが、今の気持ちにストンと落ちた。

      なんとなく感じる不幸は、誰かの役に立っているという充実感がないからだ。

      月始めに異動になって、何したらいいかわからない状態で、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード