「オバサン」はなぜ嫌われるか

田中ひかる

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    オバサンという言葉が、呼ばれる側に違和感や不快感を生じさせ、呼ぶ側を躊躇させる理由はいくつかあるが、一つは〈女は若いほうがいい〉という価値観の浸透である。これは男性だけに限ったことではなく、〈若い〉と言われる女性もまた、同様の価値観を発しているのだ。本書では、女性の年齢が意味するものや女性が年齢を隠したくなる背景を検証し、さらには「オジサン」よりもはるかに多義的な「オバサン」という言葉の意味、当の中高年女性に対する社会の視線などについて多角的に考察する。【目次】はじめに/第一章 なぜ女は年を隠すのか/第二章 男女で異なる<生殖のリミット>/第三章 「ババァ発言」の系譜/第四章 職場における女の年齢/第五章 「おばさん」と「オバサン」/第六章 オバサンの社会性/おわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/06/29Posted by ブクログ

      「オバサン」はなぜ嫌われるか。過激なタイトルに惹かれて読みました。日本社会はまだまだ女性蔑視、男性優位で女性差別が残る男女平等後進国であることが思い知らされる内容。世の中の女性たちや「オバサン」たちを...

      続きを読む
    • 2020/05/03Posted by ブクログ

      日本に古くから根付く、高齢女性への差別に関する現実をとことん記した本。将来このように差別されることを前提にして、それでも生活に困らないように考えて生きてはいた。けれども読んでいくうちに日本にいるのが嫌...

      続きを読む
    • 2014/10/04Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      オバサンという言葉が、呼ばれる側に違和感や不快感を生じさせ、呼ぶ側を躊躇させる理由はいくつかあるが、一つは“女は若いほうがいい”という価値観の浸透である。
      これは男性だけに限ったことでは...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000218047","price":"693"}]

    セーフモード