悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾

大下英治

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    貴方が死んだら私は死ぬけど私が死んでも誰も泣かない(「女は恋に生きてゆく」)「新宿の女」、「女のブルース」、「圭子の夢は夜ひらく」、「命預けます」。‘70年代と添い寝した演歌の星・藤圭子はなぜ、孤独な最期をとげたのか。平成の歌姫・宇多田ヒカルとの親子2代にわたる壮絶な宿命を、哀悼を込めて描く巨艦ノンフィクション!

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/09/18Posted by ブクログ

      藤圭子を育てた石坂まさをとの関係やデビュー当時の話、一番好きな歌手宇多田ヒカルの小さい頃の生活等が垣間見えて読んで良かった。藤圭子も宇多田ヒカルも母娘で大歌手!祖母もすごい瞽女だったらしい。宇多田ヒカ...

      続きを読む
    • 2017/06/25Posted by ブクログ

      藤圭子の半生を追ったノンフィクション。
      歌が上手くて綺麗で、すぐにスターになったような印象があったが、デビューまでに時間と多大な労力がかかっていたこと、労力というより執念、作詞家であり藤圭子のプロデュ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000218021","price":"1485"}]

    セーフモード