【最新刊】妻との修復

妻との修復

嵐山光三郎

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    できる男ほど、妻とアブない。妻の機嫌をとる秘訣から、修羅場の研究まで。ストレスに苦しむ世の男性たちよ、妻という超獣と対峙し、家庭の平和を確保しよう。年代別の記念日の過ごしかた、悪妻との暮らしかたなど、読めばすぐ役立つ一冊。(講談社現代新書)

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2008/07/28Posted by ブクログ

      今年定年の お父さんには必読書!!!
      夫と妻 男と女 人類Aと人類B 所詮は別の生物ですから 一心同体なんてことを間違っても信じないで。
      違いを受け入れて 共存するしかないんですが  このための知恵が...

      続きを読む
    • 2010/11/25Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      できる男ほど妻とアブない
      しょせん夫婦は薄皮1枚でつながっている。
      妻は年を追うごとに化けていく。
      家庭という地雷原を駆けぬけよう。
      妻の機嫌をとる50ヵ条から、先人たちの修羅場の研究ま...

      続きを読む
    • 2008/04/29Posted by ブクログ

      著者の周辺知人夫婦のそれぞれの妻との修復状況や離婚に至る例などが匿名で登場し、著者お得意の文人・文化人夫婦の例が引用され、その上で妻と上手くやるにはどうしたらよいかの「教訓」が説得力を持って迫る。いわ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード