【最新刊】小説 S エス―最後の警官― 2

S エス―最後の警官―

涌井学(著)/小森陽一(原作)/藤堂裕(原作)

561円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自殺幇助をする「神父」とは何者か…!?警察組織において、テロや誘拐などの特殊事案を担当するSAT、SITに続く”第3のS”として作られた新部隊、NPS(警察庁特殊急襲捜査班)。その目的は、どんな凶悪犯でも殺さずに「確保」することだ。NPSの突1として熱い理想に燃える神御蔵一號のもとに、あくまでも犯人の「制圧」を目指すSAT随一のスナイパー・蘇我伊織が異動してくる。そんな折、自殺者の傍からナイクラッド弾が見つかるという事件が続発する。浮上してきたのは、「神父」というハンドルネームの人物で……!?同名の人気漫画のノベライズ第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/03/28
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks
    出版社
    小学館
    ジャンル
    文芸
    • S エス―最後の警官― 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      S エス―最後の警官― 全 2 巻

      1,144円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • 2巻

      SATとNPS。我が家では死刑廃止と死刑擁護でよくもめる。だが「制圧」は必要なものなのか。ゲーム感覚で犯罪を犯す人を許すわけにはいかないが、命というものは一つしかない。集団的自衛権も制圧の名を借りた怪...

      続きを読む
    • 2巻

      ここで終わるのか、というところで一区切りついてしまいましたが、やはり小説は小説でおもしろいですね。漫画やドラマで描かれなかった心理描写等が丁寧に補完されています。ドラマと漫画、どちらのキャラでもイメー...

      続きを読む
    • 2巻

      ますます葛藤の中に引きずり込まれる蘇我が切ない。早く続きが読みたくなる

    • 2巻

      だんだん書き手がこなれてきてSの世界に入りやすくなり、読みやすくなった。やはり漫画では描写できない部分まで踏み込んでいるので読み応えがある。続き出ないかな…

    • 2巻

      大人買いに走り始めました。

    セーフモード