【最新刊】「もっと読みたい」と思わせる文章を書く

「もっと読みたい」と思わせる文章を書く

著:加藤明

1,031円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    表現力や語彙の豊かさだけが、文章のうまさではありません。そのような特別な文才がなくても、「起承転結」の組み立てと「素材」の切り口で、だれにでも読ませるエッセイが書けます。週刊朝日編集長、朝日新聞論説委員をつとめた著者が実例をもとに、「他人に最後まで読まれる」ポイントを丁寧に解説。「うまい」「面白い」「感動した」……あなたの書いた作品に読み手の反応が変わる。そんな読む人の心を惹きつけるエッセイを書いてみたい、という人のための実践的な一冊です!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/24
    出版社
    すばる舎
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      エッセイは起承転結で書く。その中でも最も書きたいことを転に配置する。起と承は、転への導入で利用する。これだけでも文章が苦手だった私にとっては、かなり有用な情報だった。もちろんこれ以外の型もあるが、まず...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      エッセイの書き方指南書。作文は自己満足、エッセイは読み手を意識して書く。起承転結を意識して書く。作者は週刊誌の編集長を勤めたこともあり、エッセイ講座も開いている。その受講者のエッセイを例として使われて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード