ランウェイで暴君とダンスを

石原ひな子

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

メガネで消極的で地味。飯泉奏は空気のようにひっそりと生きてきた。ある日、奏は出張先で、端正な顔立ちの外国人・ルカの道案内をする。意味深な視線を向けられるが、電車の時間が迫ってた奏は慌ただしくルカと別れることに。しかし、終業後、会社を出ると、なんとルカが待ち伏せしていた。奏に会いにききたというルカは、俺のモデルになれと言い出して…!?モノクロだった世界が色鮮やかに姿を変える――!

続きを読む

レビュー

  • 2012/12/29Posted by ブクログ

    ルカの俺様ぶりとソウがそばにいなくなってからのギャップがすごく良かったです。
    いきなりのデレデレぶりにイタリアの血を見ました。

  • 2013/08/07Posted by ブクログ

    思ったより面白くて楽しめました。 ちょっと受のネガティブぶりにイラっとする所もありましたけど。 でもやっぱり最後はトップモデルまでいって欲しかったですよね。 そこがなんとも中途半端というか物足りなかっ...

    続きを読む
[{"item_id":"A000217188","price":"628"}]

セーフモード