世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由

著:松本大 監修:マネックス証券株式会社

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    米国経済はリーマンショックの清算を終えて、いよいよ本格的な好景気に入っていこうとしています。今後、長期的にみても、米国は世界最強の経済力を有することになるのに加えて、ドル高・円安が進むとなれば、米国株に投資するのが最もよいというのは明らかです。とくに、これから資産を築いていく若い人たちに対して、本書は米国株への投資を勧めています。それでは、具体的に米国株投資で成功したい人はどうすればいいのか?そのサワリの一部をご紹介すると、1、外貨建て資産のポートフォリオとして、円に替えることなく長期で運用する。2、米国ゼロクーポン国債との組み合わせで米国株式に投資する。3、自分が働きたい会社、子供や孫に働かせたい会社に投資する。もちろん米国株式への投資にはリスクがつきものですが、上記3点に配慮したリスクコントロールを行えば、まず大きな失敗に終わることはないはずです。【主な内容】プロローグ風向きは変わった!円安のいまこそ資産形成をはじめよう第1章スターバックスは日本株ではなく米国株に注目!第2章松本大流「投資の作法」第3章自分年金の「ポートフォリオ」はこうつくろう第4章米国株に投資する際の参考ポートフォリオとアセットクラス第5章米国株投資にあたっての基礎知識第6章はじめての米国株投資第7章米国株投資お役立ちツール第8章米国株投資の税金とNISA

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/01/21Posted by ブクログ

      書いてある通り盤石な米国株ではないようであるが、取引きするならばマネックス証券がベストであることは理解できた。これをきっかけに他にも米国株に関する書籍を探求し、読破しようと思う。

    • 2014/05/20Posted by ブクログ

      表紙にマネックス証券代表取締役社長の松本大さんが登場していますが他にも4章「米国株に投資する際の参考ポートフォリオとアセットクラス」では広木さん
      第5章「米国株投資にあたっての基礎知識」では米国株担当...

      続きを読む
    • 2014/01/05Posted by ブクログ

      マクロ環境分析(人口増加、経済成長、シェールガス、、、)から米国株式への投資が有利との整理は参考にはなった。(日本株に偏りがちだったので、米国を含む先進国株式への投資割合を数%増やした)

      ただ、いい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000216668","price":"1320"}]

    セーフモード