【最新刊】ヴィクトリア女王 大英帝国の“戦う女王”

ヴィクトリア女王 大英帝国の“戦う女王”

著:君塚直隆

946円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    植民地を世界各地に築き、「太陽の沈まない帝国」と呼ばれた19世紀イギリス。18歳で即位し、この繁栄期に64年間王位にあったのがヴィクトリアである。後に「君臨すれども統治せず」の確立期と言われ、女王の役割は小さいとされたが、実態は違う。自らの四男五女で欧州各王室と血縁を深めた女王は、独自外交を繰り広げ、しばしば時の政権と対立した。本書は、全盛期の大英帝国で、意思を持って戦い続けた女王の実像を描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2011/06/20Posted by ブクログ

      神奈川県立外語短期大学准教授(イギリス政治外交史)の君塚直隆によるヴィクトリア女王の評伝

      【構成】
       第Ⅰ章 「暗黒時代」の女王即位
       第Ⅱ章 戦う女王への変貌
       第Ⅲ章 アルバートの死と王室の危機...

      続きを読む
    • 2014/05/18Posted by ブクログ

      ヴィクトリア女王が19世紀イギリスにおいて
      政権や外交に対し役割を果たしたかを解説する評伝。
      読み物として非常に面白く、読みやすい。
      外交に多大な関心を示す一方で、
      彼女が「何をしなかったのか」につい...

      続きを読む
    • 2012/02/04Posted by ブクログ

      ヴィクトリア女王の人生を追いながらイギリス,ヨーロッパ,それを取り囲む歴史もみることができて面白い.ヴィクトリア女王に愛着が湧いてくるところが他の歴史書と比べて読みやすくなっている要因かも.同時代の世...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000216601","price":"946"}]

    セーフモード