雑草のはなし 見つけ方、たのしみ方

著:田中修

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    庭の片隅で、都会の歩道のコンクリートの隙間で、雑草はひっそりと生きている。名も知らない草も多いが、子孫を残そうと懸命に生きる戦略には驚かされるものも多い。ハハコグサとチチコグサの花はどう違う?葉の小さいオオバコがなぜ「大葉子」なのか?ツキミソウはどうして夜に咲くのか?春夏秋冬の雑草の見つけ方、見分け方を一つひとつ写真と文章で紹介し、植物の生き方のふしぎを解き明かす。カラー130点。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/24Posted by ブクログ

      「(他の株の花粉と受粉が)できなければ、仕方なく、一人で種をつくるのだ」など雑草の気持ちになっている記述が楽しい。雑草が愛おしくなる。

    • 2017/04/15Posted by ブクログ

      ◆きっかけ
      Amazonで雑草の図鑑を探していた時におすすめ欄に出てきて気になって。今回は散歩の時に見かける草花の名前を知ることができる図鑑を探しているので購入しないが、図書館で見かけたら読んでみたい...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/05/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード