【最新刊】戦後和解 日本は〈過去〉から解き放たれるのか

戦後和解 日本は〈過去〉から解き放たれるのか

1冊

著:小菅信子

814円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第二次大戦が終わり六〇年が過ぎ、戦争を直接記憶している人も少なくなった。だがいまだに戦争についての歴史認識をめぐり、近隣諸国との軋轢は絶えない。日本はいつ〈戦争〉の呪縛から解き放たれるのか――。一九九〇年代後半まで、日本軍による捕虜処遇問題で悪化していた英国との関係はなぜ好転し、ここにきて中国との関係はなぜ悪化したのか。講和の歴史を辿り、日英・日中の関係を比較し、和解の可能性を探る。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3.1
    8
    5
    0
    4
    2
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2016/12/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/08/03Posted by ブクログ

      二次大戦中に起きた出来事についての戦後の感情的対立は、法的には解決済みとされた後でも、日本に対する不信感や偏見の根拠となっている。
      本書ではそれらのわだかまりを、未来のために、いかに解決していくべきか...

      続きを読む
    • 2014/06/10Posted by ブクログ

      戦後和解は感情的な問題である。著者も繰り返しているが、法的な解決は済んでいる、にもかかわらず当事者同士にわだかまりは残ったまま。
      具体的にまとめれないが、戦争後の和解として、悪の象徴としての加害者と、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード