【最新刊】通貨で読み解く世界経済 ドル、ユーロ、人民元、そして円

通貨で読み解く世界経済 ドル、ユーロ、人民元、そして円

1冊

著:小林正宏 著:中林伸一

968円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    通貨が経済に与える影響は甚大だ。国家の財政、内外の金融、企業業績、そして人々の生活さえも為替の動向と無縁ではない。世界金融危機以後、不安定さを増した金融システムと経済の動きを精緻に検証し、ドル覇権の行方、ユーロ圏の諸問題、人民元や円の未来を見極める。複雑に絡み合う”通貨””実体経済””財政金融政策”の三つ巴を歴史を踏まえて読みほどき、世界経済の持続的成長のためにいま何をなすべきか考える。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    4.1
    14
    5
    6
    4
    4
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/15Posted by ブクログ

      通貨に焦点を当て世界経済について書かれたもの。基軸通貨とは何か、ドルがいかにして基軸通貨として国際金融で支配的地位を得るに至ったのか、そして、ユーロ、円、人民元が国際通貨として、将来、部分的にでも基軸...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/04/04Posted by ブクログ

      金融・経済史に疎い私にとっては非常に「お勉強」になりました。
      書かれていることは「筆者個人の見解」としつこいくらい断られていますが、あまりバイアスのない見解なのではないかと感じました。
      そう、極めて「...

      続きを読む
    開く

    セーフモード