【最新刊】電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ

電車の運転 運転士が語る鉄道のしくみ

1冊

著:宇田賢吉

907円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    時速100キロ以上の速さで数百トンの列車を率いて走行し、時刻通りにホームの定位置にピタリと停める…。このような職人技をもつ運転士は、何を考え、どのように電車を運転しているのだろう。また、それを支える鉄道の仕組みとはどのようなものだろう。JRの運転士として特急電車から貨物列車まで運転した著者が、電車を動かす複雑精緻なシステムと運転士という仕事をわかりやすく紹介する。

    続きを読む
    ページ数
    683ページ
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    4.2
    21
    5
    10
    4
    7
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/26Posted by ブクログ

       著者は元JRの運転士。電車の運転はもとより、車体、レール、信号機、架線など鉄道に付随するほぼすべてのことがらについて網羅している。文体も簡潔、明瞭、的確で大変好感がもてる。何より『電車の運転』という...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      【読書メモ】
       ・ …コクンと起動すれば安心感に包まれる p21
       ・ …曲線での速度制限は鉄道によって大きな課題である。通過速度を向上させ、遠心力による脱線要素を減らし、乗り心地を改善するために、曲...

      続きを読む
    • 2015/11/05Posted by ブクログ

      知っている鉄道マニアは知っていることを容易に解説している点が実はすごい。また単なる知識のひけらかしにとどまらず、心理状態やこうすればよいなどの提案まで織り込んである。

    開く

    セーフモード