【最新刊】批評理論入門 『フランケンシュタイン』解剖講義

批評理論入門 『フランケンシュタイン』解剖講義

著:廣野由美子

902円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    批評理論についての書物は数多くあるが、読み方の実例をとおして、小説とは何かという問題に迫ったものは少ない。本書ではまず、「小説技法篇」で、小説はいかなるテクニックを使って書かれるのかを明示する。続いて「批評理論篇」では、有力な作品分析の方法論を平易に解説した。技法と理論の双方に通じることによって、作品理解はさらに深まるだろう。多様な問題を含んだ小説『フランケンシュタイン』に議論を絞った。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    中公新書
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2013/05/26Posted by ブクログ

      古典SF『フランケンシュタイン』を題材に、前半は小説の技法についての解説を、後半は批評理論について概説している。


      まず、題材が『フランケンシュタイン』というのが良かった。誰もが知っているけれども、...

      続きを読む
    • 2020/07/22Posted by ブクログ

      テクストにこんなにも多彩なアプローチができるのか!と気づかされる。今までは一文一文なめるように読む読解を解説する本を読んできた私には新鮮に映った。

      今後、文学作品に向き合う中で本書に書かれている全て...

      続きを読む
    • 2011/08/19Posted by ブクログ

      すばらしくわかりやすい批評入門。『フランケンシュタイン』を例題に、どんな切り方もできますよと実例を示しながら、代表的な批評のアプローチについて解説してくれている。小説を読んで、「おもしろいんだけど、な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード