【最新刊】物語 京都の歴史 花の都の二千年

物語 京都の歴史 花の都の二千年

1冊

著:脇田修 著:脇田晴子

1,034円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    桓武天皇により平安京遷都が行われて以来、京の都は千年もの長きにわたり日本の中心だった。貴族の邸宅や寺社が立ち並び、都市の基礎が作られた王朝時代。武家政権が興り戦乱の舞台となるとともに、商工業が発展した中世。豪商が生まれ、学問・文化の興隆著しかった近世。今も多くの人が訪れる寺社・名社の縁起をひもときつつ、花の都と詠われた京の歴史を一望する。カラーの歴史地図を付した。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/11/23Posted by ブクログ

      都市としての京都の持つ歴史を古代から現代にかけて俯瞰する。文化に関しても記述が多く、興味深く読むことができた。時折関係性の薄い著者夫婦の自己紹介が挟まれる点が難。

    • 2010/04/19Posted by ブクログ

      京都の原始〜現代までの歴史を一望する本。題に「物語」とあるが『源氏物語』や『平家物語』といった「物語」ではない。京都好きが高じて京都検定にチャレンジをしているが、公式テキストの副読本的な役割で使用して...

      続きを読む
    • 2009/11/03Posted by ブクログ

      母が買ったもの。物語っていうから、もちょっと楽しい感じを想像してたんですが、普通の新書本じゃないですか。というわけで、巻頭の地図と第一章だけ楽しみました。このシリーズのほかの本はどうなんだろう。

    セーフモード