新任海尉、出港せよ

ジュリアン・ストックウィン/大森洋子

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈海の覇者トマス・キッド〉赴く先は新天地北アメリカ。最後任ながら戦列艦の海尉となったキッド。新たな環境にても、彼は次第に才覚を発揮していく……海軍士官キッド、新たな旅立ち。昇進試験に受かって海尉となったキッドは、同じく海尉となった親友のレンジとともに戦列艦に乗り組み北アメリカへ赴いた。士官では艦内最後任のキッドだが、海軍士官としての自覚と臨機応変の才覚とを発揮しはじめ、フランス私掠船の拿捕に手柄をたてた。さらに草創期の合衆国海軍フリゲート艦に乗り組んでその実力を確認する任務を与えられるなど、次々と出現する試練を経て、キッドは一人前の海尉への道を歩み始める!

    続きを読む
    • 海の覇者トマス・キッド 全 9 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      海の覇者トマス・キッド 全 9 巻

      7,359円(税込)
      73pt獲得

    レビュー

    • 2012/09/02Posted by ブクログ

      この本は、ザ・ロープニュースの前号NO.50発行の時点で既に発売されていたが、NO_50の誌面の都合により今号にてご紹介するになった。この本はザ・ロープ30周年記念行事の一つ、パネルディスカッションで...

      続きを読む
    • 2017/02/05Posted by ブクログ

      海の覇者トマス・キッド・シリーズ第1作。

      時は18世紀末。イギリスの片田舎に暮らす二十歳のカツラ職人キッドが、海軍の強制徴募により海の世界で生きることになる。厳しい上下関係、自然の驚異、そしてフラン...

      続きを読む
    • 2006/01/16Posted by ブクログ

      帆船モノといえばホーンブロワーかボライソー,映画化されて本も復刊されたジャック・オーブリーが定番だったかもしれないが,これからはトマス・キッドでしょう。この作品は著者ジュリアン・ストックウィンの処女作...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000255681","price":"770"}]

    セーフモード