耳なし芳一

著:小泉八雲

110円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    阿弥陀寺の芳一は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの弾き語りの名手。ある夜、武士に請われて「高貴なお方」の屋敷に呼ばれるが、それは怨霊たちで、このままでは芳一は怨霊たちに殺されてしまう……和尚は全身にお経を書くのだが、耳だけ失念してしまう。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/12Posted by ブクログ

      「たけくらべ」は現代語訳ですが、それでもわからない語句がたくさんあったので、行間の説明はとても役に立ちました。
      大人でも、このシリーズで一通り名作を読むといいと思いました。中学生くらいにこういうシリー...

      続きを読む
    • 2011/07/27Posted by ブクログ

      たけくらべ/何となくタイトルから「藪の中」みたいなものを想像していたが全然違った。たけっていうのは少年少女たちの浴衣の丈のことかなぁ?

    セーフモード