【最新刊】沈黙の町で

沈黙の町で

奥田英朗

869円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北関東のある県で、中学2年生の男子生徒が部室の屋上から転落し、死亡した。事故か? 自殺か? それとも―― やがて祐一が同級生からいじめを受けていたことが明らかになる。小さな町で起きた1人の中学生の死をめぐり、町にひろがる波紋を描く。被害者や加害者とされた子の家族、学校、警察などさまざまな視点から描き出される群像小説で、地方都市の精神風土に迫る。朝日新聞連載時より大きな反響を呼んだ大問題作。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/29

    レビュー

    • 2013/02/10Posted by ブクログ

      最後の一行を読み終わったとき、手が震えていた。
      それまで小説世界を追いかけていた気持ちが行き場を失ってうろうろした。
      「え?これで終わり?」
      そう思った。急いでネットで感想を検索すると、新聞連載終了時...

      続きを読む
    • 2017/10/26Posted by ブクログ

      猛スピードで読了。
      すごい作品だった。。

      奧田英朗さんの作品は、伊良部シリーズ、真夜中のマーチ、家日和を読んでいて、好きな作家さんなので
      ハズレはないだろうくらいの感じで読み始めたのですが
      読み始め...

      続きを読む
    • 2013/03/03Posted by ブクログ

       つい最近、宮部みゆきが超長編大作『ソロモンの偽証』で、中学生の屋上からの転落死を扱ったばかりだと言うのに、奇しくも時を経ずしてこの本が同じ題材を真っ向から取り上げたのが、不思議である。この題材でなけ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード