【最新刊】沈黙の町で

沈黙の町で

1冊

奥田英朗

869円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北関東のある県で、中学2年生の男子生徒が部室の屋上から転落し、死亡した。事故か? 自殺か? それとも―― やがて祐一が同級生からいじめを受けていたことが明らかになる。小さな町で起きた1人の中学生の死をめぐり、町にひろがる波紋を描く。被害者や加害者とされた子の家族、学校、警察などさまざまな視点から描き出される群像小説で、地方都市の精神風土に迫る。朝日新聞連載時より大きな反響を呼んだ大問題作。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/29

    レビュー

    3.9
    261
    5
    63
    4
    126
    3
    63
    2
    8
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/10Posted by ブクログ

      中学2年の男子生徒が学校内で転落死した。自殺か事故か事件か。検視をしたところ背中に多数の内出血があったことから事件性を疑い、捜査の結果4人の生徒が被疑者として浮上、うち2名は14歳だったため逮捕、あと...

      続きを読む
    • 2019/12/17Posted by ブクログ

      ある中学生の遺体が校内で発見された。事故なのか事件なのか…。
      彼がいじめの被害者だったことが分かり、少しづつ真実が明らかになっていく過程が、中学生の心理を上手く描いていて読みごたえがあった。
      被害者遺...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      奥田さんの作品は、シリアスなものからコミカルなものまで
      幅広いなという印象で、今回はシリアスな路線でした。
      事件は発生するのですが、核となる真相はわからないまま、事件発生前と後のことが様々な人の視点か...

      続きを読む
    開く

    セーフモード