SF小説がリアルになる 量子の新時代

佐藤文隆 井元信之

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    量子暗号、量子コンピューター、量子テレポーテーション、多世界……。SF小説が現実になり、私たちの生活を一変させる可能性を秘めた「量子」。物理の深遠と最先端を、文学や映画のイメージを借りて軽やかに解説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • ネタバレ
      2011/01/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/01/18Posted by ブクログ

      量子力学難しい!けど、SFチックで、面白い。
       
      シュレディンガーの猫、
      多世界観、
      重なり、
       
      アインシュタインと言ったら、相対性理論が有名だが、
      本人は相対性理論よりも、量子力学についての方が1...

      続きを読む
    • 2014/11/28Posted by ブクログ

      おそらくわかりやすく書いていただいたのだと思いますが、やっぱり難しい・・・。「もつれ」をなかなかイメージできません。ただ、暗号鍵の解読の話で「すごいことができる」というイメージがありましたが、確率論に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード