【最新刊】グーグル、アップルに負けない著作権法

グーグル、アップルに負けない著作権法

1冊

著者:角川歴彦

1,026円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    クラウド時代とソーシャル革命を、いかに勝ち抜くか?電子書籍をコアとする端末戦争、ソーシャルメディアの躍進、クラウドサービスの急成長、そして近づく次世代スマートイノベーションの足音……。アメリカのIT企業が世界を席巻するなか、日本のコンテンツ産業を振興させるために、21世紀の知的財産制度はどのように変わるべきなのだろうか?事業家の立場から出版、映画、ゲーム、音楽などに深く係わり、さまざまな著作権の現場に立ち会ってきた著者が、自身の論考と、ドワンゴ・川上量生氏、MITメディアラボ・伊藤穰一氏、作家・立花隆氏たちとの対話を通じて、著作権の現在・過去・未来を徹底的に検証する渾身の1冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/01/16
    連載誌/レーベル
    角川EPUB選書

    レビュー

    4.2
    8
    5
    3
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/02/02Posted by ブクログ

      「躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア」よりの逆上がり読書。2013年の出版なので、ネットフリックスもちょっと出てくるだけだし、アマゾンエコーもまだ登場していません。でも、この5年の変化を予言してい...

      続きを読む
    • 2017/07/24Posted by ブクログ

      出版業界への黒船襲来に関し、KADOKAWAの総帥が書き下ろした書籍。

      著者の著作権法に対する理解の深さにも驚くが、
      だからこその出版社への著作隣接権の付与といった活動につながってゆくものだと思う。...

      続きを読む
    • 2015/11/01Posted by ブクログ

      Apple、Google、Amazon、MSもしくはFBのビッグ4が、モノポリーを求めて争う現状はインターネットの理想と言えるのか。

    開く

    セーフモード