夫に言えないエクスタシー 【12 シェイズ・オブ・ナイト】

アデライデ・コール 翻訳:皆川孝子

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★エロティカ・シリーズ〈12シェイズ・オブ・ナイト〉最終話は、人妻のひとときの秘め事……★ヴァレリーの中で、何かが濁り始めていた。外交官の夫と2人の子供。暮らしているのは花の都パリ。誰もが羨む生活のはずなのに、混んだメトロ、犬のフンだらけの舗道、アパルトマンの細い階段、ぐずる息子――そんなすべてが自分を老け込んだ女にしていく気がする。ある朝ヴァレリーは1本の電話を受けた。夫のアメリカ駐在時代に知り合ったオスカーが、今パリに出張で来ているから夫妻とコーヒーでも、と言うのだ。折しも夫は子供たちを連れて帰省中。初めてオスカーに会ったとき、その強烈なセックスアピールに圧倒されたのを今もはっきりと覚えている。これは……何かのサイン?「夫は今いないの」と答えたとき、電話の向こうの温度がかすかに上がったことを、ヴァレリーは感じた――。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード